PRODUCTS

カラーコーディネート

リールハンドル

  • DLIVE-F BLOG
  • ドライブオフィシャル Facebookページ
  • COLOR'S INTERNATIONAL OFFICIAL SITE
  • ハーレーマフラー・パーツブランド“ドライブ”専用サイト

エリア/ライトゲーム用スピニングリールハンドル
シングルハンドルorダブルハンドルの選び方

シングルハンドルorダブルハンドルの特徴とは?

ダブルハンドルとシングルハンドルはそれぞれに使いやすさのメリットやデメリットが存在し、それぞれの釣りのスタイルやタックルに合わせる事で最大限の性能を発揮します。

シングルハンドル

シングルハンドル

  • 初動が早く細かい操作が得意(例:デジ巻きや早巻きなど初動の速さが求められるアクションに強い)
  • ダブルより重量が軽く感度がいい。
  • ノブが1つしかないことにより、巻きブレが起こりやすい。
ダブルハンドル

ダブルハンドル

  • ノブが2つ付いている事によって巻きブレが少なく安定し、一定のリトリーブ、デッドスロー巻きに対してシングルハンドルよりも向いている。(例:クランクベイトなど巻き物にオススメ)
  • キャスト~巻き始めでノブが2つあることで、ノブが掴みやすく素早くリトリーブ動作に移行できる。
  • シングルより重量は上がることにより、初動はやや遅い。

ハンドルピッチの選び方

ショート

AIR Stir 38mm

ショート

  • ハンドルの回転径が小さくなることにより、ブレが起こりにくくなり一定のリトリーブやデッドスローリトリーブがしやすい。
  • ルアーのアクションや魚からのコンタクトを感じやすくなる。
  • 小径になることで巻きトルクがやや落ちる。
ロング

AIR Stir 45mm

ロング

  • ロングピッチのハンドルはトルクが出やすいので大型の魚を相手にする場合や、深場からの巻上げが楽になる。
  • ハンドルで巻きアワセを入れる場合など、ハンドルの動きだけで力を掛けやすい。
  • 短いハンドルに比べてやや巻きブレが発生しやすくなる。

このように、“ダブルハンドル×ショートピッチ”であれば非常にデッドスローなアクションに強いタックルを作ることができ、逆に“シングルハンドル×ロングピッチ”であれば細かいアクション等に応用が効くトルキーなタックルにすることが出来ます。
また、トルクを持たせつつ巻きブレを抑えたい・・・という場合も、“ダブルハンドル×ロングピッチ”にすれば、デメリットをカバーできるバランスの取れたセッティングを作ることも可能です。是非ご自身のタックルセッティングにお役立て下さい。

AIR DLIVE W 75mm

AIR DLIVE W 75mm

AIR DLIVE W 65mm&75mm

AIR DLIVE W 65mm&75mm

ネットでのご注文・購入はこちらから